FCA、電動化を推進---新世代EVの合弁生産に向けて協議

現行フィアット500のEV、500 e(参考画像)
FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は1月17日、新世代のEVの生産に向けて、台湾の鴻海精密工業(ホン・ハイ・プレシジョン・インダストリ、Foxconn)と協議していると発表した。

鴻海精密工業は、スマートフォンや薄型テレビなどの電子機器を受託生産して成長を遂げ、現在では電子機器の受託生産企業としては、世界最大手だ。2016年には、シャープを買収して、その名前を世界に知らしめた。

今回のFCAの発表は、電動化の推進が狙い。FCAは今後5年間に、総額90億ユーロを投じて、新型電動パワートレイン車を30車種、世界市場で発売する計画だ。これに向けて、新たなグローバル製品開発体制を2020年から導入する。新体制では、電動化、自動運転、コネクティビティの開発に取り組み、これらの市場投入までの時間を短縮し、技術革新のペースを速めていく。

FCAは、新世代のEVの生産に向けて、鴻海精密工業との間で折半出資の合弁会社を設立する可能性について、協議しているという。

なお、FCAは鴻海精密工業との間で、今後数か月以内に最終的な合意に到達することを目的に、さらなる議論を進める、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス