アマノとアイシン精機、一般駐車場で自動バレー駐車の実証実験を開始

アマノとアイシン精機、一般駐車場で自動バレー駐車の実証実験を開始
駐車場ゲートシステムなどを展開するアマノは1月21日、アイシン精機と協業し、名古屋市内の一般駐車場で自動バレー駐車の実証実験を行うと発表した。

アマノはこれまで、ナンバープレート認識をはじめとする画像処理技術を活用した駐車場管制システムの研究・開発を進めてきた。その中で、AI(人工知能)を用いた画像解析技術を応用し、場内を走行する車両や歩行者の検知、測位を行う「カメラシステム」を開発。カメラシステムは、自動運転車両に対して、駐車場内の状況データを提供することで、俯瞰的視線から自動走行の安全性を補助する。この取り組みは2017年4月より技術検討を開始し、2019年1月には名古屋市金城ふ頭駐車場にて、路車間連携による自動バレー駐車の技術検証を実施した。

今回、これらの技術をさらに高め、実用化に繋げるため、車両制御技術を手掛けるアイシン精機とともに、名古屋市内の一般駐車場における実証実験を実施。2020年からは、カーシェアでの自動バレー駐車活用を想定した一般ユーザーによる受容性評価を含め、実証実験を行い、車にも環境にも優しい駐車場づくりに取り組んでいく。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス