ルノー、大規模な電動車向け充電プロジェクト立ち上げ…将来の7種類の充電技術をテスト

ルノー・ゾエ 新型(参考画像)
ルノーグループ(Renault Group)は1月22日、欧州で行われる大規模な電動車両向け充電プロジェクトを立ち上げた、と発表した。

このプロジェクトは、「INCIT-EVプロジェクト」と命名された。電動車の革新的な充電技術を、一般ユーザーが参加する実証実験でテストする。この実証実験を通じて、ヨーロッパでの電動車の普及を促進することを目指している。

INCIT-EVプロジェクトは2020年1月から2023年12月までの4年間に渡って、2つの段階で実証実験に取り組む。フェーズ1では2020年4月から、ユーザーのニーズと要件を分析し、充電技術とインフラストラクチャーへの統合を評価する。フェーズ2では2022年後半から、7種類の充電技術に焦点を当て、欧州各国で実証実験が行われる。

例えば、フランスではパリで都市環境向けの動的誘導充電システムを、ヴェルサイユでは都市近郊/長距離地域向けの動的誘導充電システムを試験する。イタリア・トリノでは、カーシェアリング車両用の駐車場向け充電ハブをテストする予定だ。スペインでは、タクシーレーンでの低電圧の双方向充電 (二輪車向け)を試験する。

ルノーグループは、ヨーロッパの32のパートナーと協力して、INCIT-EVプロジェクトを立ち上げた、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス