コンチネンタル、新オンラインプラットフォーム発表…車載ソフトの実装を効率化

コンチネンタルの新オンラインプラットフォームのイメージ
コンチネンタル(Continental)は1月23日、ソフトウェア開発と車両への統合を自動化および標準化する新しいオンラインプラットフォーム、「Cooperationポータル」を発表した。

従来、ソフトウェアの統合プロセスは、手動プロセスと標準化の欠如により、多くの時間を要した。納入後にアプリケーションを手動でテストし、起こりうるエラーを修正。場合によっては、プロセス全体を最初からやり直す必要もあった。これは、最大50社のサプライヤーのソフトウェアを搭載する現代の車両には、非常に非効率なアプローチという。

コンチネンタルのCooperationポータルは、すべてのソフトウェアサプライヤーとのやり取りを自動化した。コンチネンタルによると、エラーのないアプリケーションを、実際の開発システムに転送するだけでいいという。

車載ソフトウェアの重要性は、急速に高まっている。Cooperationポータルは、さまざまなプロバイダーのソフトウェアとサービスを車両サーバーに実装するためのツール。各メーカーと協力して、現代の車両におけるソフトウェア統合の複雑化の課題に対応していく、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス