欧州日産がウーバーと提携、2000台の リーフ 導入へ…ドライバーの電動化を支援

日産 リーフ(欧州仕様)
日産自動車(Nissan)の欧州部門は1月24日、ウーバーと提携を結び、英国ロンドンにおいてゼロエミッションモビリティを推進すると発表した。

日産とウーバーは、ウーバーのアプリを使用するドライバー向けに、合計2000台の『リーフ』の導入を支援する契約を締結した。この契約により、ロンドンでウーバーのアプリを使用している約4万5000人のドライバーの車両を、2025年から完全に電動化するというウーバーの目標達成を支援していく。

ウーバーは2019年1月、「クリーンエアプラン」を導入した。これは、ウーバーのドライバーの車両を電動車にアップグレードできるようにすることで、大気汚染を減らすのが目的だ。ウーバーは2019年の1年間に、電動車に移行するドライバーをサポートするために、8000万ポンド以上の資金を調達した。今後数年間で、2億ポンド以上を調達する予定だ。

クリーンエアプランによって、ウーバーのドライバーは、運転した走行距離に応じて、平均で4500ポンド節約することができるという。

ウーバーはクリーンエアプラン導入の最初の1年に、電動車で90万人を運んだ。これは、前年比で350%以上の増加になる。毎週500人以上のドライバーがゼロエミッションのEVを使用している、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス