フィアット 500 ジャポーネ 限定発売、「水引」をワンポイントデザイン

フィアット 500 スーパーポップ ジャポーネ
FCAジャパンは、フィアット『500』に、日本伝統の「水引」をモチーフに取り入れた特別仕様車「500 スーパーポップ ジャポーネ」を設定し、2月15日より200台限定で発売する。

500 スーパーポップ ジャポーネは、「日本とイタリアの融合」、「フィアットとユーザーを結ぶ」という思いが込められた限定車。専用装備となるステッカーは、日本で古くからお祝いの場面や、装飾として親しまれている「水引」をモチーフとしている。車体の前方側面(フロントフェンダー)と、インストルメントパネルに、白・赤・緑からなるトリコローレカラーの水引をデザインしたステッカーを貼付。デザインのワンポイントとなっている。

ベースモデルは「500 1.2 ポップ」。アイドリングストップ機構付の1.2リットルエンジンを搭載し、19.4km/リットル(JC08モード)という低燃費を実現。また、7インチタッチパネルモニターを搭載したApple CarPlay/Android Auto対応のオーディオプレイヤーやキーレスエントリーを標準装備し、快適にドライブをサポートする。

ボディカラーは、ボサノバ・ホワイト(120台)、パソドブレ・レッド(40台)、ミント・グリーン(40台)の3色を設定。通常は有償色となるボディカラーも限定車では同価格で提供される。価格はベースモデルより11万円安い、189万円となっている。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス