フェラーリ世界販売が過去最高、日本は13.4%増 2019年

フェラーリ F8トリブート
フェラーリ(Ferrari)は2月4日、2019年の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は過去最高で、初の1万台超えとなる1万0131台。前年比は10%増と、2桁増を維持している。

車種別の2019年の販売実績では、V型12気筒ガソリンエンジン搭載車が、前年比4.6%増だった。これは、『812スーパーファスト』の販売が好調な効果が大きい。

『F8トリブート』など、V型8気筒ガソリンエンジンを積むモデルは、前年比11.2%増の販売実績だ。『ポルトフィーノ』の販売が好調だった。

市場別の2019年の販売実績では、欧州や中東、アフリカが、前年比16%増の4895台と伸びた。南北アメリカは、前年比3%減の2900台と後退する。中国(香港と台湾を含む)は、前年比20%増の836台と2桁の伸びを達成した。

中国を除いたアジア太平洋地域は、前年比13%増の1500台を売り上げた。このうち日本は、アジア太平洋地域で最多の870台を販売し、前年比は13.4%増と伸びている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス