ダイムラーの売上高は3%増、メルセデスベンツの世界販売が新記録 2019年通期決算

ダイムラーの決算発表会
ダイムラー(Daimler)は2月11日、2019年通期(1~12月)の決算(確定値)を発表した。

同社の発表によると、メルセデスベンツなどグループ全体の売上高は、1727億ユーロ(約2兆0705億円)。前年の1674億ユーロに対して、3%増加した。

一方、2019年通期のEBIT(利払前・税引前利益)は、43億ユーロ(約5155億円)。前年の111億ユーロに対して、61.3%減少した。一部のディーゼルエンジン搭載車の排ガスに関連する費用として、40億ユーロを計上したのが響いた。

そんな中、メルセデスベンツ乗用車の2019年世界新車販売台数は、9年連続で年間販売の記録を更新する238万5400台と過去最高。前年比は0.1%増だった。

市場別では、欧州が93万7881台を売り上げ、前年比は0.4%増と2年ぶりに増加した。このうち、地元ドイツは31万8353台を販売し、前年比は4.8%増と、6年連続で前年実績を上回る。中国は2019年、69万3443台を販売し、前年比は6.2%増と、プラスを維持した。また、米国は31万6094台。前年比は0.04%増と微増ながら、4年ぶりのプラスとなった。

メルセデスベンツブランドでは、小型車の『Aクラス』、『Bクラス』、『CLAクラス』、『GLAクラス』、『GLBクラス』、合計で66万7000台以上を販売した。前年比は9.5%増と、3年ぶりに前年実績を上回っている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス