PSAグループ、純利益は過去最高に 2019年通期決算

PSAグループの主力車
PSAグループ(PSA Group)は2月26日、2019年の通期(1~12月)決算を発表した。

同社の発表によると、グループ全体の売上高は、747億3100万ユーロ(約8兆9865億円)。前年の740億2700万ユーロに対して、1%増と伸びて、3年連続のプラスとなった。

また、2019年通期の純利益は、過去最高の32億0100万ユーロ(約3850億円)。前年の28億2700万ユーロに対して、13.2%増と増益を果たす。黒字は5年連続だ。

2019年の世界新車販売台数は348万8930台。前年比は6.6%減と、6年ぶりに前年実績を下回った。欧州での新車販売は302万9563台。前年比は2.5%減と、6年ぶりのマイナスだった。一方、インドと太平洋市場では2019年、2万6639台を売り上げ、前年比は0.6%増とプラスを維持した。日本は1万5643台を販売し、前年比は10.2%増と2桁増を達成している。

PSAグループ取締役会のカルロス・タバレス会長は、「献身的なチームが再び、2019年に記録的な業績を達成した。エネルギー転換の準備ができており、顧客にクリーンで安全で手頃な価格のモビリティを提供する。FCAとの合併で、新しい時代に参入していく」と述べている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス