[オートモビルカウンシル2020]都知事要請を受け、5月3-5日に開催延期

オートモビルカウンシル2019
新型コロナウイルス感染拡大防止に向けイベント自粛が続く中、幕張メッセで4月3日から5日に開催予定だったヒストリックカー、ヘリテージカーの展示会「オートモビルカウンシル2020」が、5月3日から5日に延期されることになった。

オートモビルカウンシル2020実行委員会では、「新型コロナウイルス感染症への対応強化」と「社会経済活動の活性」の両立を目指すという考えのもと、感染拡大防止策を徹底することで、予定通りの4月3日から5日の開催に向け準備を進めてきた。

しかし、3月23日午後に行われた小池東京都知事の記者会見にて、この3週間以内に「爆発的患者急増」状態となる否かの大変重要な分かれ道であり、4月12日までは東京都民に対し人が密集する場所の利用を控えること、およびイベント開催を自粛することを強く求めるメッセージがあった。これを受け同実行委員会では、オートモビルカウンシル2020の開催を、1か月後の5月3日から5日に延期することを決定した。

なお、購入済の各前売りチケットは、延期後の日程でそのまま入場可能。払い戻しについては準備が整い次第、公式Webサイトにてアナウンスされる。

オートモビルカウンシルは「CLASSIC MEETS MODERN」をフィロソフィーに、メーカー、インポーター、ヘリテージカー販売店などが出展し、往年の名車と最新モデルが一堂に展示される。歴史=ヘリテージにスポットライトを当てながら 、それぞれのブランドのフィロソフィや魅力を文脈として発信する。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス