日野、「ヒノコネクト」をバージョンアップ…セーフティレポート追加

日野デュトロ
日野自動車は7月27日、ICTサービス「ヒノコネクト」に安全意識向上に寄与する「セーフティレポート」の追加、エコツリーレポートの過去データ閲覧機能の強化などバージョンアップしたと発表した。

ヒノコネクトは顧客のビジネスを支援するため、車両稼働情報をベースにした情報提供サービスで、2018年に開始した。対象モデルは2017年以降に発売した『プロフィア』、『レンジャー』、『セレガ』と2019年以降に発売した『デュトロ』。

今回、速度域ごとの車間距離や、一般走行・高速走行それぞれでの車速データ・ドライバモニター警報の作動状況などをまとめたセーフティレポートを追加した。過去1年分のデータをダウンロードして、推移を確認できるなど、きめ細かな安全運転指導に活用してもらう。

また、顧客からの要望が多かった過去1年分の燃費データの閲覧・ダウンロードが可能になるようエコツリーレポートの過去データ閲覧機能を拡充した。データはExcel形式で、前年同月比などの集計・分析が容易で、グリーン経営などの申請書類へのデータ記載にも活用できるようにした。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス