三菱 アウトランダーPHEV、EVモードの航続延長へ…今冬米国で改良

三菱 アウトランダー PHEV(米国仕様)
三菱自動車の米国部門の三菱モータースノースアメリカは、今冬に『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)のパワートレインを改良すると発表した。

アウトランダーPHEVの最新モデルでは、駆動用バッテリーとエンジンを新設計とし、モーターやジェネレーターの出力も向上させた。プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち、約9割のコンポーネントを改良している。

エンジン排気量は、2.0リットルから2.4リットルに拡大した。カムプロフィールの変更とバルブタイミング制御により、アトキンソンサイクル化を図り、低回転域で効率性の高い発電を可能にする。駆動用バッテリーの蓄電容量は、約15%向上させ13.8kWhに。最大出力も約10%引き上げた。ジェネレーターやリアのモーターの出力も約10%向上させることにより、力強い走りを追求している。

このアウトランダーPHEVが今冬、パワートレインを改良する。三菱モータースノースアメリカは、電動パワートレインの改良により、EVモードの航続延長とEVモードの最高速の引き上げを図る、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス