日本交通、新卒採用乗務員のみの営業所を開設 平均年齢は24歳

日本交通 葛西営業所
日本交通は、新卒採用による乗務員のみで構成される新規タクシー営業所「葛西営業所」を開設し、8月18日より運行を開始した。

タクシー会社は、社会貢献性、接客業としての魅力、優れたワークライフバランスで学生からも注目が集まっており、日本交通では2012年より乗務員の新卒採用を開始。累計で899名の入社(うち2020年4月入社は239名)があり、都内では約1割が新卒採用乗務員となっている。

新設した葛西営業所は、各既存営業所から集まった29名の新卒乗務員で構成。都内法人タクシー乗務員の平均年齢が57.9歳(2019年度、東京タクシーセンター調)であるのに対して、営業所乗務員の平均年齢は24.03歳となっている。現時点では男性乗務員のみでの構成となっているが、女性向け設備の運用開始が遅れているためであり、体制が整い次第、受け入れを開始する予定だ。また、タクシー乗務員を管理する「運行管理者」にも、新卒乗務員入社1期生から職種変更したスタッフも配置している。

新卒採用乗務員には、タクシー業務を通じてタクシーに対するイメージを変えていくだけでなく、将来の業界を牽引する幹部候補生としての役割も期待しており、同営業所をキャリアアップの場としても機能させる計画だ。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス