三菱 eKクロス/eKワゴン 一部改良…先進運転支援システムの機能向上

三菱 eKクロス
三菱自動車は、軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』に、予防安全技術「e-Assist」や高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット(MI-PILOT)」の機能を向上させ、8月20日より販売を開始した。

今回の一部改良では、安心・安全な運転をサポートする予防安全技術「e-Assist」に、4つの機能を追加したほか、ミリ波レーダー採用により、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]の夜間の検知性能を向上させた。

標識検知機能[TSR]は、車両進入禁止標識、最高速度標識、一時停止標識を検知し、警報ブザー(車両進入禁止標識のみ)とインフォメーション画面表示でドライバーに注意を促し、標識の見逃しを予防する。

前方衝突予測警報[PFCW]は、2台前を走る車両をミリ波レーダーでモニターし、急な減速など自車からは見えにくい前方の状況変化を検知。減速が必要と判断した場合には、警報ブザーとインフォメーション画面表示でドライバーに注意を促し、ブレーキの踏み遅れによる追突事故の回避をアシストする。

先行車発進通知[LCDN]は、信号待ちなどで停車中に、先行車が発進しても自車が停止し続けた場合、警報ブザーとインフォメーション画面表示で、ドライバーに先行車の発進を通知する。

ふらつき警報[DAA]は、走行中、ドライバーのハンドル操作から注意力が低下していると判断した場合には、警報ブザーとインフォメーション画面表示によりドライバーに休憩を促す。

またパッシブセーフティでは、ドライバーの下肢部にかかる衝撃を緩和する運転席SRSニーエアバッグと、リヤシートベルトのプリテンショナー機構及び非着用ウォーニング着座センサーを設定し、安全性を向上。eKクロスに標準装備、eKワゴンにメーカーオプション設定とした。

高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」は、ミリ波レーダーの追加により機能を向上。ドライバーの負担をさらに軽減する。追越し時、ウインカーを出すと設定速度内で加速し、先行車との車間距離を若干詰めることで、スムーズな追越しをアシスト。また、ワイパー低速作動時の車線維持支援機能[LKA]と、ワイパー高速作動時のアダプティブクルーズコントロール[ACC]の利用を可能とした。

また、急な坂道を下る際、低車速を維持するヒルディセントコントロール[HDC]を新たに採用したほか、ヘッドライトのスイッチからOFFポジションを廃止し、ヘッドライトのつけ忘れを防止。センターパネル部に充電用USBポートを新たに採用し、利便性を向上させた。

ボディカラーは、eKクロスにサファイアブルーメタリックと、サファイアブルーメタリック/スターリングシルバーメタリック(有料色)を新たに設定し、モノトーン6色、2トーン5通りのラインアップとした。

価格は132万5500円から182万0500円。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス