モビリティテクノロジーズ、新タクシーアプリ「GO」をリリース 全国11エリアから開始

新タクシーアプリ「GO」
モビリティテクノロジーズ(MoT)は、新タクシーアプリ「GO(ゴー)」を9月1日にリリース。「MOV」提携車両と「JapanTaxi」アプリ提携車両の一部をネットワークし、首都圏、京阪神を中心とした全国11エリアからサービス提供を開始する。

MoTは、DeNAが運営するMOVと日本交通の子会社が運営するJapanTaxi、2つのタクシー配車アプリ事業統合などにより、2020年4月から新体制でスタートした。当初、新アプリのリリースを2020年度後半に予定していたが、少しでも早くリリースすることで、コロナ禍で低迷するタクシー事業全体の回復に貢献すべく、エリアや機能を絞った形で先行リリースすることとした。

新アプリGOは、タクシー車両とのリアルタイムな位置情報連携と高度な配車ロジックによって、アプリユーザーと近くのタクシー車両とのマッチング精度を向上させ、より「早く乗れる」体験を追求。今までMOVがサービス展開を行っていた7エリアに、JapanTaxiアプリでタクシー車両へ直接配車注文を送っている「JapanTaxi DRIVER'S」対応エリアの一部を加え、全国11エリアからサービス提供を開始する。9月中には、茨城/群馬/岐阜/愛知を加えた合計15エリアに拡大。その後も北海道/三重/広島など対応エリアを広める他、機能の拡充を行い、日本最大級のタクシーアプリを目指す。

また、クーポン施策やタクシー車両のラッピング、タクシー車内での動画放映など、順次マーケティング施策を行っていく予定だ。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス