【東京オートサロン2017】戦闘プリウス、攻撃防御ヴェルファイア…グレンツェンの鋭い最新2作

ケースペック(東京オートサロン2017/1月13~15日/幕張メッセ)
もともと鋭角なボディをさらに尖らせ、ハイブリッド車というマジメな表情を戦闘系に仕立てたモデルが、K-spec(ケースペック)の『GLANZEN 50プリウス』。攻めるプリウスの横には、戦うための鎧をイメージした『GLANZEN 30ヴェルファイア 鎧』も展示された。

トヨタ『プリウス』ベースのGLANZEN 50プリウス、最大の特徴は“攻めのエアロ”。鋭いラインで大胆な開口部をつくるフロントバンパーと、それにつながるサイドステップ、前後フェンダー。これにグレンツェン初のFRPボンネットが組み合わさる。

リアは縦型のマフラーカッターが印象的な一体バンパーとリアウィングで鋭さを演出。「2017年最新作」という鍛造3ピース19or21インチホイールと大きなネガティブキャンバーで、地を這うようなどっしり感も。

また、GLANZEN 30ヴェルファイア 鎧は、「日本のみならず、世界を舞台に戦う海外向けテイストを装う」というコンセプト。ヘッドランプのラインにつながるようなスラントで、グリルまで一体化したフェイスデザインに。リアはまるでスーパースポーツを想わせる立体的なディフューザーを組み入れ、重厚感たっぷりの仕上がりに。

(レスポンス 大野雅人)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road