レクサス LCコンバーチブル、パイオニア製サウンドシステムを標準装着

パイオニア・プレミアムサウンドシステム
パイオニアは7月15日、レクサスの新型ラグジュアリークーペ『LC500コンバーチブル』(Lexus LC)に、「プレミアムサウンドシステム」が標準装着されることになったと発表した。

レクサスLCコンバーチブル・プレミアムサウンドシステムは、8チャンネルフルデジタル・クラス-Dアンプと12個のスピーカーで構成。パイオニアが長年培ってきた車載音響技術に加え、ハイエンドオーディオブランド「TAD(テクニカル・オーディオ・デバイセズ・ラボラトリーズ)」の技術も投入し、音楽に込められたアーティストの想いを正確に再現する。

ボックス型ドアウーファーの採用や車両ボディの強化により不要振動を徹底排除するとともに、リアシートバックにスピーカーを搭載するなど音響効果を考慮して各スピーカーを配置し、拡がり感と包まれ感のある立体的な音場を創出。また、ルーフオープン時、クローズ時それぞれに適した音場へ制御し、心地良い空間を提供する。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road