ダイハツ、ハイブリッドセダン『アルティス』を一部改良…ブラインドスポットモニターを標準化

ダイハツ アルティス
ダイハツは、ハイブリッドセダン『アルティス』を一部改良し、8月5日から販売を開始した。

アルティスは2012年5月、ダイハツ初のハイブリッド乗用車として、トヨタ自動車からのOEM供給を受け発売した。

今回の一部改良では、ブラインドスポットモニターを標準化した。隣接する車線の死角領域の車両を検知し、ドアミラー搭載のLEDインジケーターが点灯。車両の安全性を向上させた。

価格は365万2000円。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road