ダイハツ タフト 新型 四角いボディ&前後席“異”コンセプトでハスラーに対抗[詳細画像]

ダイハツ タフト
ダイハツの新型軽クロスオーバーSUVの『タフト』は、ダイハツの次世代のクルマ作りの指針「ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ」の第3弾モデル。「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる相棒」をコンセプトに、強敵スズキ『ハスラー』に戦いを挑む。

1974年から10年に渡り販売されていたタフトは4WDの本格クロスカントリーであったが、2020年に襲名した新型は全く新しい軽クロスオーバーSUVとして登場。


「タフ&オールマイティー ファン ツール」のイニシャルから名が付けられた新型タフトは、角の立ったスクエアボディに高い最低地上高、樹脂製のホイールアーチと大径タイヤを装備することでSUVが持つ力強さをアピールしている。設定されている外装色は最大9色。「X」グレードでは5色が設定されている。

ボディサイズは全長3395×全幅1475×全高1230mm、ホイールベースが2460mmだ。


インテリアでは新たなパッケージコンセプト「バックパックスタイル」に合わせ、前席は運転を楽しむ「クルースペース」、後席は遊びを楽しむ「フレキシブルスペース」とBピラーで二分した。前席上には「スカイフィールトップ」と名付けられたガラスルーフを全グレードに標準装備し、開放感と視野を大きく広げることができる。使用されるガラスは紫外線と赤外線による室温上昇を防ぐスーパーUV&IRカットが可能だ。

ガレージを意識してデザインされた後席は、気軽に荷物等を詰めるように簡単にシートをフルフラットに収納可能。リアシート背面やデッキボードに樹脂を採用することで汚れや水に強い仕様となっている。


タフトは、新開発のステレオカメラを採用することで衝突回避支援ブレーキの応答性を改善した予防安全機能「スマートアシスト」を全グレードで標準装備。スマートアシストには夜間の歩行者検知も搭載されている。そして「電動パーキングブレーキ」をダイハツとして初めて採用した。

グレードは、NAエンジン搭載の「X」と「G」、ターボエンジン搭載の「Gターボ」の3つが設定され、それぞれに2WDと4WDが用意されている。価格は135万3000円から。



(レスポンス 滑川寛)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road