トヨタ、コネクテッドカーのデータ収集基盤にアマゾン系サービスを活用

カローラのコネクテッド機能の例(参考画像)
トヨタ自動車は8月18日、コネクテッドカーなどからのデータを収集する基盤「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」に、アマゾン傘下のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のサービスポートフォリオを活用すると発表した。

トヨタはAWSのグローバルインフラとAWSプロフェッショナルサービスを活用することで将来の膨大なトランザクションに備え、MSPFのビッグデータ蓄積・利用基盤を強化する。トヨタは今回の提携拡大を機に、包括契約の適用範囲をトヨタグループに広げ、車両ビッグデータをグループ各社で柔軟、安全に活用できる基盤を構築する。

トヨタは、MSPFとAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を通じてコネクティッドカーから収集した車両データの車両の設計開発にフィードバックしている。また、カーシェアやライドシェアなどのサービスや車両メンテナンスの事前通知、運転挙動反映型テレマティクス自動車保険などのサービスとも連携している。AWSとの提携拡大で、MSPFのビッグデータ基盤を強化する。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road