三菱自動車、エンジン生産拠点のある滋賀県湖南市と災害時協力協定を締結

三菱アウトランダーPHEV
三菱自動車と滋賀三菱自動車販売は8月25日、滋賀県湖南市と災害時協力協定を締結したと発表した。

今回の協定は、災害発生時に改めて自治体と必要事項を確認する時間的ロスをなくし、給電等に活用できる『アウトランダーPHEV』などの電動車を速やかに被災地・避難所等へ届けることが狙い。同社は2022年度までに全国の自治体と災害時協力協定の締結を目指す「DENDOコミュニティサポートプログラム」を推進しており、湖南市は64例目。

同社は1979年より、湖南市にある京都製作所滋賀工場は1979年より操業を始め、国内外の完成車工場にエンジンを供給。アウトランダーPHEVも滋賀工場で生産したエンジンを搭載している。

同社では協定締結を機に、湖南市との災害時の協力体制も一層強化していく。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road