ホンダe 発表 航続は283km&価格は451万円より…新時代の都市型EVコミューター 10月30日発売

ホンダe アドバンス(チャージイエロー)
ホンダは、新型電気自動車(EV)『ホンダe』を10月30日に発売する。

ホンダeは、これまでのクルマにはない魅力を追求するとともに、EVの本質を見つめ、柔軟な発想で、未来を見据えてつくりあげた都市型モビリティだ。シンプルでモダンなデザインと、力強くクリーンな走りや取り回しの良さ、多彩な先進機能を搭載。ユーザーの移動と暮らしをシームレスに繋げる生活のパートナーとなることを目指した。

◆世界初のワイドビジョンインストルメントパネル採用

ホンダeは、世界初となる5つのスクリーンを水平配置するワイドビジョンインストルメントパネルを採用。中央には、12.3インチのスクリーンを2画面並べた「ワイドスクリーン ホンダ コネクト ディスプレー」を配置した。運転席や助手席でそれぞれ表示機能を選択したり、左右のアプリを入れかえたりなど自在な操作性を実現。また、スマートフォンとの接続によって音楽アプリやエンターテイメントアプリを表示するなど、楽しみながら新たな使い勝手を創造できるディスプレーとした。

また、クラウドAIによる音声認識と情報提供を行う「ホンダパーソナルアシスタント」を搭載。「OK, ホンダ」と呼びかけることで、最新かつリアルタイムの情報をオンデマンドに提供する。また、語りかけに対してキャラクターが7つの表情で反応するなど、クルマへの愛着を感じてもらうことを目指した。さらに車載通信モジュール「ホンダコネクト」も搭載。コネクテッドサービス「ホンダ トータルケア プレミアム」で安心なカーライフを実現する。

さらに専用アプリでスマートフォンをデジタルキーとして使用できるとともに、国産車で初めてパワーオンまで行うことを可能とした。ホンダ スマートキーを持って近づくと自動でフラッシュアウターハンドルがポップアップし、ドアハンドルに触れるだけでドアロックが解除。またクルマへ乗り込みドアを閉めると自動でパワーがオンとなり、運転者はシートベルト着用後にDレンジボタンを押し、アクセルを踏むだけで走行が可能となる。降りる際もドアを閉めると自動的にパワーオフとなる等、限りなくシームレスな乗り降りを実現している。

ホンダeは、世界初の量産車標準装備となるサイド/センター(ホンダe アドバンスに」設定)カメラミラーシステムを搭載。170万画素の高精細カメラで捉えた映像はインストルメントパネル左右に配置した6インチモニターに映し出され、従来のドアミラーと比べても違和感の少ない映像を表示する。雨天時でも雨が付着したサイドウインドウを通さず、モニターで鮮明な映像を確認でき、安全運転に貢献する。

また、コンパクトEVのパッケージと優れた全方位衝突安全性能を実現するボディ骨格技術を開発。衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能などを含む先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備とした。

◆親しみやすいシンプルかつモダンなデザイン

エクステリアデザインは、円を基調としたシンプルでモダンなデザインとした。また、見せる要素と隠す要素を明確化することで、よりアイコニックな要素であるフロントグリルなどを際立たせた。さらに毎日使う充電/給電ポートを中央に配置。リッドは触り心地がよく美しい全面ガラスとし、シンプルで美しいデザインとした。

インテリアデザインは、移動している時はもちろん、止まっている時の心地よさも重視し、シンプルで心安らぐリビングのような空間を目指した。パネルには、ぬくもりを感じる自然な風合いのウッド調パネルを採用。スイッチ類を極限まで減らすことでシンプルなデザインと人にやさしい操作性を実現した。また、シートとドアの表面のメランジ調のファブリック、ブラウンのシートベルトやダウンライト式のLEDルームライトにより、上質でモダンなリビング空間を演出した。

◆上質な乗り心地と安定感のある走りを実現する都市型コミューター

パワーユニットは、リアに大トルクモーターを配置し、力強い加速と、高いボディ剛性、四輪独立懸架サスペンションの採用により、上質な乗り心地ときびきびとした安定感のある走りを実現した。また、最小回転半径は約6mの片側1車線の道路でもUターンできる4.3m。都市での扱いやすさも追求した。さらに2つの走行モードやシングルペダルコントロールなど、ドライバーの好みやシーンに合わせた走りの設定を可能とした。

また、コンパクトなボディでありながらも、ゆとりあるドライビングポジションを確保した。シートは、アコードのフレームを使用することにより、広々とした座り心地を実現。大人4人が快適に過ごせる空間とした。

街なかの狭い駐車スペースでも安心して駐車できるよう、駐車支援システム「ホンダ パーキングパイロット」をホンダ車で初搭載。6つのパターンの駐車/出庫モードに対応し、駐車したい場所を選定しボタンを押すだけで、4個のマルチビューカメラと12個のソナーで駐車枠や空間をクルマが認識し、アクセル、ブレーキ、ハンドルやシフト操作を行う。

このほか、建物/家屋に給電するV2H(Vehicle to Home)や、機器などの電源となるV2L(Vehicle to Load)に対応。日常利用だけでなく停電など万一の際の安心につながる。

ボディカラーはホンダ新色となるチャージイエローを含む7色を設定。価格は標準グレードが451万円、アドバンスが495万円。年間販売計画台数は1000台。

航続は標準グレードがWLTCモードで283km、JC08モードで308km、アドバンスが同じく259km、274km。高出力型リチウムイオンバッテリーを搭載し、急速充電(CHAdeMO)において30分程度で満充電量の約80%充電できる。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road