ホンダe 発表 コネクテッドサービス、デジタルキーなど3つの新機能追加へ

ホンダe アドバンス
ホンダは、10月30日発売予定『ホンダe』より、コネクテッドサービス「ホンダ トータルケア プレミアム」に3つの新サービスを追加する。

ホンダ トータルケア プレミアムは、2016年にサービスを開始したカーライフサポートサービス「ホンダ トータルケア」を進化させた、ホンダ コネクト搭載車オーナー向けのコネクテッドサービス。2020年2月のサービス開始以降、万が一の際も車内のボタン1つで繋がる「緊急サポートセンター」などによる安心・安全が評価され、会員数が2万人を超えるなど、好調な立ち上がりとなっている。今回、ホンダeの発売に合わせ、このホンダ トータルケア プレミアムに「ホンダ デジタルキー」、「車内Wi-Fi」、「ホンダ アプリセンター」の3つの新サービスを追加する。

「ホンダ デジタルキー」は、専用アプリをダウンロードすることで、スマートフォンをデジタルキーとして使用。国産車で初めてパワーオンまで行うことを可能とした。「車内Wi-Fi」では、必要な容量だけ購入し、スマートフォンやタブレットなどをクルマのWi-Fiに接続可能。クルマの中でも音楽、動画、ゲームなどが楽しめる他、パソコンでテレワークもできる。「ホンダ アプリセンター」では、車内で使いやすいさまざまなアプリを提供する。例えば、水槽のアプリ「アクアリウム」では画面にタッチすると魚に餌を与えられるなど、車内の楽しさ・快適さが広がるアプリをクルマにダウンロードできる。

ホンダは、今後もホンダ コネクト搭載車種とホンダ トータルケア プレミアムのサービスを順次拡大し、カーライフにさらなる安心・快適を提供していく。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road