ホンダ CR-V に初のPHV、「SPORT HYBRID e +」…北京モーターショー2020で発表へ

ホンダ CR-V の中国仕様(参考)
ホンダ(Honda)の中国部門は9月15日、中国で9月26日に開幕する北京モーターショー2020において、『CR-V』のプラグインハイブリッド車(PHV)、『CR-V SPORT HYBRID e +』 を初公開すると発表した。

CR-Vの電動パワートレイン車はこれまで、ハイブリッドのみだった。PHVがCR-Vに設定されるのは、今回が初めてとなる。

現在、ホンダのPHVには、『クラリティPHEV』がある。同車は、ホンダの燃料電池車の『クラリティ・フューエルセル』と車体を共用しながら、PHVパワートレインを搭載したモデルだ。クラリティPHEVには、1.5リットル直列4気筒ガソリンのアトキンソンサイクルエンジンに、電気モーターを組み合わせている。

このクラリティPHEVのノウハウが、CR-V初のPHVにも導入される見込み。ホンダは、CR-V SPORT HYBRID e +には、ホンダ独自のプラグインハイブリッドシステムを搭載する、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road