インフィニティ『QX60モノグラフ』を発表…次世代3列シートSUVの方向性

インフィニティQX60モノグラフ
日産自動車は9月25日、「インフィニティ」ブランドのコンセプトカー、『QX60モノグラフ』を発表した。次世代3列シートSUVのデザインの方向性を示すスタディだ。より具体的には、インフィニティによる今後の『QX60』の変革のビジョンを示したもの。

日産では、「輝くプラチナカラーをまとったインフィニティQX60モノグラフは、人気のファミリー向けSUVにラグジュアリー層を意識した風格あるデザインをもたらす」という。QX60モノグラフでは、エレガントで力強い新たなデザインの方向性を打ち出した。細部のデザインでは日本の伝統に着想を得たという。

日産のグローバルデザイン担当専務執行役員であるアルフォンソ・アルバイサは、次のように述べました。「我々は、QX60の方向性や、さらにはブランドとしてのデザインランゲージがどこへ向かおうとしているかについて、議論を始める格好のチャンスだと考えて、モノグラフのデザインに着手した」と説明する。

単なるデザインスタディやコンセプトではなく、インフィニティがめざす未来のクルマの変革について、具体的な洞察を示す1台だという。QX60では、インフィニィティの未来の3列シートSUVの魅力を高めるデザイン要素や、プロポーションが部分的に反映されているそうだ。同時に日産は、次世代インフィニティQX60の量産モデルは、2021年に発表予定と明かしている。

(レスポンス 高木啓)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road