三菱自動車、プエルトリコで『アウトランダーPHEV』発売

アウトランダーPHEV
三菱自動車は9月24日、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』をプエルトリコで発売した。

アウトランダーPHEVは三菱自動車のフラッグシップモデルであり、電動化技術と四輪制御技術を融合した同社技術の結晶だ。力強く滑らかで静かなEVならではの走りと優れた環境性能を有し、日常使用では主にEV走行、遠出ではハイブリッド走行に切り替えることができる。また、車内2か所のコンセントを通して最大1500Wまで出力し、アウトドアレジャーや災害などによる停電時にて、家電製品等へ電力を供給できる。

アウトランダーPHEVは世界で最も売れているプラグインハイブリッドEV。欧州では2015年から5年連続でプラグインハイブリッドカテゴリーの販売でトップとなっている。同車は2013年に世界初のSUVプラグインハイブリッドEVとして日本で発売してから、これまで世界60か国以上で販売し、累計販売台数は26万台に達している。

同社執行役グローバルマーケティング&セールス担当のジョン・シグノリエロは、プエルトリコでのアウトランダーPHEV発売について、「アウトランダーPHEVは環境性能を有するだけでなく、日常生活や非常時において車両から直接電力を供給することが可能で、コミュニティのレジリエンス(災害時からの回復力)構築に貢献できると考えている。アウトランダーPHEV投入により、プエルトリコのみなさんに新しいライフスタイルを提案する」と述べている。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road