カシオとホンダレーシングが4作目のコラボ、高機能メタルウオッチ発売へ

  • カシオ EFS-560HR
カシオ計算機は、高機能メタルウオッチブランド「エディフィス」の新製品として、ホンダレーシングとのコラボレーションモデル「EFS-560HR」を10月9日に発売する。

ホンダレーシングは、カシオ計算機がサポートするF1チーム「スクーデリア・アルファタウリ」へ、2018年よりパワーユニットを供給している。ホンダレーシングとエディフィスは、ともに高度な技術を駆使し、ジャパンブランドとしての誇りを持って世界へ挑戦し続ける姿勢が相通じることからコラボレーションをスタート。今回で4度目の共同制作となる。

新製品EFS-560HRは、レースで培った技術を市販車開発に還元するホンダと、同じくレーシングチームへのヒヤリングを通じて時計の技術開発を行うエディフィスの共通項として、象徴的なサーキットをデザインのモチーフとした。文字板には路面のアスファルトを模した特殊加工を施したほか、文字板の円周とインダイアルにはサーキットの縁石をイメージした赤のアクセントを採り入れるなど、こだわりのデザインに仕上げている。

ベゼルには、モータースポーツと親和性の高いカーボン素材を採用。メカニックのハードな使用シーンを想定し、バンド素材には防水耐久性に優れるコーデュラファブリックを表面に用い、さらにケブラー繊維をインサートしている。また、風防には傷がつきにくいサファイアガラスを備えたほか、ソーラー充電にも対応。文字板やバンド、裏蓋には「Honda Racing」のロゴを随所に刻印している。さらに専用パッケージも用意し、ホンダレーシングを応援する思いを盛り上げるコラボレーションモデルとなっている。

価格は4万6200円。
  • カシオ EFS-560HR
  • カシオ EFS-560HR
  • カシオ EFS-560HR
  • カシオ EFS-560HR
  • 専用パッケージ

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road