[F1 アイフェルGP]悪天候で1周も走行できずに初日が終了

  • F1アイフェルGP
9日、F1第11戦アイフェルGPがドイツのニュルブルクリンク(北コース)を舞台に開幕したが、悪天候のためフリー走行1回目、2回目ともにディレイが続き、最終的にピットレーン出口がオープンすることなく初日が終了した。

当初のカレンダーでは組み込まれてなかったものの、新型コロナウイルス感染拡大によるカレンダーの変更で急遽開催が決まったドイツ・ニュルブリンクでのアイフェルGP。この地でのF1は2013年以来7年ぶりとなる。前戦に続き今回も観客が入っての開催となったが、初日は朝から雨が降り、さらには霧に包まれ、緊急時に使用するメディカルヘリコプターが飛べない状況となった。そのため、フリー走行1回目はピットレーン出口オープンのディレイが続き、最終的に走行できないままセッションが終了した。

7度の世界チャンピオン、ミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハがアルファロメオのマシンに乗りフリー走行1回目を走る予定だったがそれも叶わず、シューマッハのF1走行デビューはお預けとなってしまった。

フリー走行2回目も天候は回復せずディレイが続き、初日は1度もF1マシンがコースインすることなく終了した。

10日は19時(日本時間)から1時間のフリー走行3回目が行われ、22時(日本時間)からノックアウト方式の公式予選が開催される。そして注目の決勝レースは11日21時10分(日本時間)にスタートする。

※初日に走行できなかったことを受け、10日以降のスケジュールが変更される場合があります。
  • F1アイフェルGP
  • F1アイフェルGP
  • F1アイフェルGP
  • F1アイフェルGP
  • F1アイフェルGP
  • F1アイフェルGP
  • F1アイフェルGP

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road