レッドブルF1ドライバーに挑戦、グランツーリスモSPORTによるタイムアタックイベント開催 10月14日より

  • Red Bull Beat The Pro
レッドブルは、F1に参戦するレッドブル・ホンダのドライバー、マックス・フェルスタッペン選手とアレックス・アルボン選手、F2に参戦する角田裕毅選手に、グランツーリスモSPORTで挑戦できるオンラインイベント「Red Bull Beat The Pro」を10月14日より開催する。

1987年の初開催以来、毎年開催されてきたF1日本GPが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で今年はキャンセルとなった。これを受け、レッドブルは「#RaceTogether」を合言葉に日本のモータースポーツファン、そして世界のファンに楽しいレースの機会を提供するために同イベントを企画。10月14日から11月1日まで、オンライン上で同一マシン、同一サーキットで彼らとベストタイムを競うことができる。

参加方法は、期間中にグランツーリスモSPORTを起動して、 [スポーツ]→[タイムトライアル]→[Red Bull Beat The Pro]を選択。タイムトライアルで記録を残す。コースは鈴鹿サーキット、マシンは「SF19スーパーフォーミュラ」。ドライバー3名は事前にタイムアタックに出場。各ドライバーのベストタイムはレッドブルのTwitterで確認できる。なお、各ドライバーのリアルレースでの2019年鈴鹿予選タイムは、フェルスタッペン選手が1分27秒851、アルボン選手が1分27秒851。

Red Bull Beat The Proの開催について、フェルスタッペン選手は「何よりも今は日本の素晴らしいファンの皆さんに会えないのが残念だね。グランツーリスモで僕らのタイムに挑戦して、是非このイベントを楽しんでほしい。鈴鹿はコーナーも多く、ミスが許されないサーキットだけど個人的には鈴鹿でレースするのを毎年楽しみにしている」とコメント。アルボン選手は「ファンと一緒にレースできる機会は滅多にないから嬉しいよ、特に今年は実際に会うことができないからね。鈴鹿は僕のお気に入りのコースでもあるし、ファンがどのようにこのサーキットを攻略するのかを見るのが楽しみだね」とコメントしている。
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro
  • Red Bull Beat The Pro

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road