三菱 パジェロスポーツ 新型、空港オペレーション車両として配備…英ヒースロー

  • 英ヒースロー空港にランドサイド(一般区域)オペレーション車両として配備された新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)
三菱自動車(Mitsubishi Motors)の英国部門は10月8日、新型『ショーグンスポーツ』(グローバル名:新型『パジェロスポーツ』)が、英国ヒースロー空港にランドサイド(一般区域)オペレーション車両として配備された、と発表した。

初代パジェロスポーツは、1996年に誕生した。日本市場では、『チャレンジャー』として販売された。2世代目となるパジェロスポーツは、2008年に発表。新型パジェロスポーツは3世代目モデルとなる。

新型パジェロスポーツは、タイ、オーストラリア、ASEAN、中東、アフリカ、中南米、ロシアなど、世界およそ90か国で販売されるグローバルモデルだ。新型は、「スタイリッシュで快適なオフロードSUV」をテーマに開発された。『パジェロ』ブランドを継承した本格オフロードSUVでありながら、洗練された上質なデザイン、上質な走りと快適な居住空間、クラストップレベルの環境性能、先進の予防安全装備などを持ち合せた新世代のミッドサイズSUVとした。

エンジンは、パジェロスポーツ初の2.4リットル直列4気筒「MIVEC」ターボディーゼルだ。最大出力181hp、最大トルク43.8kgmを引き出す。トランスミッションは8速ATを組み合わせる。4WDシステムは「スーパーセレクト4WD-2」を搭載し、路面状況に応じて走破性と安定性を高めるオフロードモード制御や、ヒルディセントコントロールを採用している。

この新型パジェロスポーツが、英国ヒースロー空港にランドサイド(一般区域)オペレーション車両として配備された。5台の新型パジェロスポーツは、空港内の重要な道路を24時間365日、管理・維持する。

5台の新型パジェロスポーツは、三菱スペシャリスト・ビークル・オペレーションセンターが、ヒースロー空港の仕様に合わせて、特別に開発した。反射デカール、ルーフとフロントグリルの警告灯システム、リアラック、通信機器が追加されている。リアには、LEDメッセージングシステムが装備され、後続車に重要な情報を伝える。

ヒースロー空港は英国唯一のハブ空港であり、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響を受ける前は、1日あたり1300便を運航し、年間8000万人以上の乗客が利用していた。ヒースロー空港内外の道路で物流を動かし続けることは、空港の運用を維持するための重要、としている。
  • 英ヒースロー空港にランドサイド(一般区域)オペレーション車両として配備された新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)
  • 英ヒースロー空港にランドサイド(一般区域)オペレーション車両として配備された新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)
  • 英ヒースロー空港にランドサイド(一般区域)オペレーション車両として配備された新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)
  • 英ヒースロー空港にランドサイド(一般区域)オペレーション車両として配備された新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)
  • 英ヒースロー空港にランドサイド(一般区域)オペレーション車両として配備された新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)
  • 英ヒースロー空港にランドサイド(一般区域)オペレーション車両として配備された新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)
  • 英ヒースロー空港にランドサイド(一般区域)オペレーション車両として配備された新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)
  • 英ヒースロー空港にランドサイド(一般区域)オペレーション車両として配備された新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road