日野とトレイトン、電動車の協業契約を締結…まずスウェーデンで開始

  • 日野とトレイトンが電動車領域で協業契約を締結
日野自動車とトレイトンは10月28日、電動車の企画と提供に向けた協業契約を締結したと発表した。

両社は今回の協業でそれぞれの強みを融合し、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の開発、ソフトウェア、各種インターフェイスを含む電動プラットフォーム、電動化コンポーネントの共通化に活用する。

両社のメンバーで構成するチームを結成し、まずスウェーデンのセーデルテリエで活動を開始し、その後、東京にも拠点を置く。日野とトレイトンが協力することで、EVやFCVなどの電動車の実用化までのリードタイム短縮を図る。

日野は2018年4月にフォルクスワーゲントラック&バス(現・トレイトン)と戦略提携で基本合意、2019年に調達ジョイントベンチャーを設立したほか、電動車両プラットフォームなどを一括企画することでも合意している。今回の合意は、電動化領域の協業を具体化したもの。
  • 日野とトレイトンが電動車領域で協業契約を締結

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road