コムテック、2カメラ高画質ドラレコ発売  前方・後方をしっかり記録

  • コムテック HDR-952GW
コムテックは、前方・後方の映像を同時記録できる高性能2カメラドライブレコーダー「HDR-952GW」(指定店モデル)を発売した。

新製品は、フルHD200万画素のメインカメラに加え、後方向けの100万画素サブカメラを同梱。メインカメラ151°、サブカメラ143°の視野角で前方も後方も記録する。白とびや黒つぶれ、逆光にも強いHDR/WDR(リアはWDRのみ)を搭載し、夜間のナンバーもくっきり見える高画質を実現する。全国のLED信号機にも対応、地デジやナビへの影響を抑えたノイズ対策済みだ。

録画モードは、エンジンONからOFFまでの映像を記録する「常時録画」、衝撃があった時点の前後を記録する「衝撃録画」、スイッチを押すことで任意のタイミングで映像を記録する「マニュアル録画」の3種類を用意する。

記録した映像は2.7型液晶画面によりその場で確認できるほか、オプションのAVケーブルを接続すればカーナビの画面で再生できる。また、専用ビューワソフトを使用して、パソコンでも確認可能。映像や音声、Gセンサー情報、さらにGPS搭載で自車の走行軌跡を地図上に表示したり、走行速度も確認できる。

また安全運転支援機能では、新たに先行車接近継続お知らせ機能を追加。先行車への継続した接近を通知し、意図しないあおり運転を防止する。このほか、先行車の発進および接近通知、車線逸脱通知、ドライブサポート、車速アラームを装備し、安全運転を支援する。

さらに別売オプションで駐車監視機能も装備可能。エンジンOFFでも最大12時間、映像を記録できる。

価格(税別)はマイクロSDカード(16GB)付属で2万5800円。
  • コムテック HDR-952GW

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road