BMW、EV組み立て工場をドイツ本社に建設…内燃エンジン生産は国外へ移管

  • BMW iX
BMWグループ(BMW Group)は11月18日、ドイツ・ミュンヘン本社工場に4億ユーロを投資し、EVの組み立て工場を建設すると発表した。

今回の発表は、電動化を加速するものだ。BMWグループは2030年までに、700万台以上の電動パワートレイン車を販売することを目指している。BMWグループによると、700万台のおよそ3分の2(約470万台)を、フルEVにするという。

具体的には2020年内に、フルEVとしてBMW『iX3』を発売する。2021年には、新型EVのBMW 『iX』や『i4』を投入していく。これらすべてに、BMWグループの第5世代の電動パワートレイン技術が搭載される。

BMWグループは、ドイツ・ミュンヘン本社工場に4億ユーロを投資し、EVの組み立て工場を建設する。このEVの組み立て工場は、既存の内燃エンジン工場の跡地に建設される。現在、ミュンヘン工場で生産されている4、6、8、12気筒の各エンジンは、オーストリアと英国に生産を移管する。

なお、ミュンヘン工場でのエンジン生産は、2024年までに段階的に移管される予定、としている。
  • BMW iX
  • BMWグループのドイツ・ミュンヘン本社工場
  • BMWグループのドイツ・ミュンヘン本社工場に新設されるEV組み立て工場の完成予想図

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road