安心と楽しさが十分に味わえるレヴォーグ…清水和夫[日本カーオブザイヤー2020-2021]

  • スバル・レヴォーグ
「第41回 2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」が12月7日、発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による投票のもと、今年の1台はスバル『レヴォーグ』に決定した。

選考委員の清水氏は、レヴォーグに10点満点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載されたコメントである。

☆☆☆

運転支援の革新性だけでなく、実際の使い勝手も素晴らしい。さらにベースとなるパワートレーンとシャシー性能の完成度が高く、スバルのスローガンである安心と楽しさが十分に味わえる。

☆☆☆

清水氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
スバル・レヴォーグ:10点
トヨタ・ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス:5点
ホンダ:フィット:6点
アウディ e-tronスポーツバック:2点
BMW 2シリーズ・グランクーペ:2点
  • スバル・レヴォーグ
  • スバル・レヴォーグ
  • スバル・レヴォーグ
  • スバル・レヴォーグ
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤーはスバル・レヴォーグ
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤーはスバル・レヴォーグに。挨拶する五島チーフエンジニア

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road