• ニュース
  • スバル×KDDI、通信を活用した「つながる安全」を提供開始

スバル×KDDI、通信を活用した「つながる安全」を提供開始

  • 連携イメージ
SUBARU(スバル)とKDDIは通信を活用したパートナーシップを構築し、新型『レヴォーグ』を皮切りに、「つながる安全」を実現するコネクティッドサービスの提供を開始した。

スバルは「人を中心としたクルマづくり」で、すべての人に「安心と愉しさ」を提供することを目指している。特に安全性能では、「0次安全」「走行安全」「予防安全」「衝突安全」の4分野を強化するとともに、今回実現した「つながる安全」を加え、2030年に死亡交通事故ゼロを目指していく。

KDDIは、車載通信機を搭載した車両の位置情報から、国や地域ごとに選定した通信事業者への自動的な接続と、通信状態の監視を統合的に行う「グローバル通信プラットフォーム」を活用し、高品質で安定した通信回線を提供。79の国と地域でのグローバル通信プラットフォームによるサービス提供を通して、自動車会社のコネクティッドカーのグローバル展開に貢献している。

今回、スバルとKDDIのパートナーシップによって実現した「つながる安全」は、クルマとコールセンターが24時間365日つながる先進事故自動通報(ヘルプネット)やSOSコールなどの機能により、万一の事故やトラブルが発生した際の安全の確保や早期救命に貢献するとともに、通信回線を利用したリコール情報のお知らせ機能や故障診断アラートの機能なども提供する。
  • 連携イメージ

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road