[ホンダF1]角田裕毅、アルファタウリから参戦…7年ぶりの日本人ドライバー

  • 角田裕毅選手(F1アブダビ若手テスト)
F1チームのスクーデリア・アルファタウリ・ホンダ(Scuderia AlphaTauri Honda)は16日、2021年シーズンのドライバーとして角田裕毅選手(つのだ・ゆうき、20歳)を起用すると発表した。7年ぶりに日本人F1ドライバーの登場だ。

レッドブル・ジュニアチームとHondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクトに所属する角田選手は、2020年のFIA F2(フォーミュラ2)選手権にカーリン・モータースポーツから参戦していた。シーズンではフィーチャーレース優勝2回とスプリントレース優勝1回の3勝を含む、7度の表彰台で選手権総合3位になり、F1スーパーライセンスを取得した。

レッドブル・モータースポーツアドバイザーでドライバー育成責任者を務めるドクター・ヘルムート・マルコは角田選手について「ホンダと協力をはじめた時、有望な若手ドライバーのリスト3選手の中で、一番印象の強かったのが裕毅だった」と明かす。

「ホンダと共に参戦をサポートしたF3で、裕毅は1勝のみで、翌年のF2挑戦は時期尚早という声もあったが、正しい判断だった。裕毅のように若く、向上心のあるドライバーが日本のモータースポーツ界をまた盛り上げてくれる信じている」

アルファタウリで裕毅のチームメートはピエール・ガスリーだ。
  • 角田裕毅選手(F1アブダビ若手テスト)
  • 角田裕毅選手(F1アブダビ若手テスト)
  • 角田裕毅選手(F1アブダビ若手テスト)
  • 角田裕毅選手(F1アブダビ若手テスト)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road