ポルシェも“ルマン総合優勝戦線”復帰に向け、新規定プロトをスタンバイへ…アウディに続く動き

  • ポルシェ919 Hybrid(2017年ルマン優勝時)
ポルシェは新規定「LMDh」に基づいたマシンをスタンバイし、“プロトタイプ耐久レース”の世界に戻ることを決めた。近い将来、ルマン24時間レースの総合優勝戦線で再びポルシェが戦う姿が見られることになる。

「LMDh」は、ルマン24時間レースを含むFIA世界耐久選手権(通称WEC)とデイトナ24時間レースを含むIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権(通称IMSA)、両シリーズのトップカテゴリー=実質的にレースの総合優勝を争うことになるプロトタイプの最上位区分に参戦可能となる新規定。コスト効率に優れた“つくり”になっている。

“プロトタイプ耐久レース”の規定は改変進行期にあり、ルマン/WECにおいては2021年よりトップカテゴリーが従来の「LMP1」から「ルマン・ハイパーカー」(LMH)へと移行する予定。前出「LMDh」との“共存”の仕方や施行時期等には依然として流動的な側面があるが、ポルシェは今回の発表のなかで「2023年からLMDhのマシンがWECとIMSAの新たなトップカテゴリーを構成する(make up)」という言い方をしており、そのLMDhマシンをスタンバイすることを同社は決定した。

ルマン総合優勝19回、最多勝メーカーのポルシェが最後にルマンのトップカテゴリーで戦ったのは2017年。当時のLMP1-Hマシン「919 Hybrid」で3年連続総合優勝を成しており、LMDhでの復帰が実現すればそれ以来のルマン総合優勝戦線復帰となる。

LMDhでのプロトタイプ耐久レース参入はアウディもそれを表明したばかり。プジョーにはLMHへの参入計画があり、トヨタはLMHで(LMP1から)活動を継続する。近い将来、ビッグブランドの競演によってルマン総合優勝戦線が大きな盛り上がりを見せる可能性が出てきた。
  • ポルシェ919 Hybrid(2017年ルマン優勝時)
  • ポルシェ919 Hybrid(2017年ルマン優勝時)
  • ポルシェが発表したLMDh規定マシンの“デザインイメージ“。
  • ポルシェが発表したLMDh規定マシンの“デザインイメージ“。
  • ポルシェが発表したLMDh規定マシンの“デザインイメージ“。今回ポルシェが発表した“デザインイメージ“。

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road