トヨタのハイパーHVはルマン直系…680馬力で重量は1030kg 1月15日発表

  • トヨタの新型ハイパーカー「GR スーパースポーツ」(仮称)のプロトタイプ
TOYOTA GAZOO Racingは1月4日、現在開発中の新型ハイパーカー、『GRスーパースポーツ』(仮称)を1月15日、初公開すると公式ツイッターを通じて発表した。

GRスーパースポーツは、2018年と2019年のルマン24時間耐久レースで総合優勝を果たした「TS050ハイブリッド」をベースにしたロードカーだ。TS050ハイブリッドは2016年のデビュー以来、優勝を達成するだけでなく、最速ラップタイム更新やコースレコードの樹立など、ルマン24時間耐久レースで数々の歴史を作ってきた。この過程で得たノウハウが、新型ハイパーカーのGRスーパースポーツの開発に生かされる。

GRスーパースポーツは、モータースポーツを通じて、もっといいクルマづくりに取り組むTOYOTA GAZOO Racingの理念を具現化したクルマとなる。また、TOYOTA GAZOO Racingのレース活動と、GR製品の密接な関係を示す象徴でもあるという。

TOYOTA GAZOO Racingは1月15日、この新型ハイパーカー、GRスーパースポーツを初公開する予定だ。一部スペックも公表されており、パワートレインは4WDのレーシングハイブリッドで、最大出力は680ps。車両重量は1030kgに抑えられ、ミシュラン製タイヤを装着する。

なおトヨタは、GRスーパースポーツがル・マン直系の市販車になる、としている。
  • トヨタの新型ハイパーカー「GR スーパースポーツ」(仮称)のプロトタイプ
  • トヨタの新型ハイパーカー「GR スーパースポーツ」(仮称)のプロトタイプ
  • トヨタの新型ハイパーカー「GR スーパースポーツ」(仮称)のプロトタイプ

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road