ホンダeとN-ONEでレース参戦、ホンダアクセスがコンセプトモデル披露へ…東京オートサロン2021

  • e-ドラッグ
ホンダアクセスは、1月15日からオンラインで開催される「東京オートサロン2021 バーチャルオートサロン」に「“オモシロイ”スポーツのコレマデとコレカラ」をテーマに2タイプのコンセプトモデルを出展する。

ホンダアクセスは、ホンダ車専用の純正アクセサリーやカスタマイズパーツなど、さまざまな製品を提供している。そのノウハウをベースに、今回は「スポーツ」にフォーカスをあてて“オモシロイ”スポーツでの拡張性と可能性の拡大を提案。バーチャルオートサロンブースでは「オモシロクなきゃ!」をキャッチコピーに、『ホンダe』と『N-ONE RS』をベースに、将来のレースイベント参加を見据えたコンセプトモデル2台を紹介する。

ホンダeベースのコンセプトモデル「e-ドラッグ」はドラッグレースへ、N-ONE RSベースの「K-クライム」はヒルクライムレースへとそれぞれ参加を目指し、モデューロXの開発で培われた空力と足回りのエッセンスを取り入れた、主に足回りとエクステリアを中心とした走りのカスタマイズを提案。

これらの“オモシロイ”をキーワードとしたカスタマイズ提案で、オンライン上でも「ワクワク、ドキドキ!」を体感できるバーチャルブースとなっている。さらには、コンセプトモデル2台のボディカラーを決定する「ボディカラー投票」も開催する。
  • e-ドラッグ
  • K-クライム

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road