ルネサス×マイクロソフト、コネクテッドカー開発で協業

  • ルネサス エレクトロニクスとマイクロソフトがコネクテッドカー開発で協業
ルネサス エレクトロニクスは1月12日、コネクテッドカー開発でマイクロソフトと協業したことを発表した。

今回の協業により、ルネサスの車載用SoC「R-Car」を搭載したR-Carスタータキットが、マイクロソフトのモビリティ業界向けプラットフォーム「Microsoft Connected Vehicle Platform(MCVP)」の開発環境として利用できるようになった。

MCVPは、Azureクラウド、AI、エッジサービスのプラットフォームと、パートナエコシステムを組み合わせたもの。車両のプロビジョニング、双方向のネットワーク接続、機能の継続的なOTA(Over The Air)アップデートなど、モビリティ関連企業がサービスを迅速に提供できるよう支援する。

モビリティ関連企業のユーザは、R-CarスタータキットおよびBSP(Board Support Package)、R-Car用マルチメディアパッケージに加え、MCVPのコンポーネントを開発環境として利用できる。クラウド上やパソコン上で開発したソフトウェアをR-Car SoCに搭載し、自動車や各種モビリティの組み込み環境で事前検証することで、コネクテッドカー開発における実装上の課題の早期発見が可能になり、開発を効率化できる。

今回のマイクロソフトとの協業により、ルネサスはコネクテッドカーの開発を加速し、MaaSビジネス創出の活性化、オンデマンド型ビジネスの早期立ち上げに貢献する。
  • ルネサス エレクトロニクスとマイクロソフトがコネクテッドカー開発で協業

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road