EVで冬のキャンプ、e-NV200 ベースで 欧州日産が提案

  • 日産 e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
日産自動車(Nissan)の欧州部門は1月20日、商用EVの『e-NV200』をベースにしたコンセプトカー、『e-NV200ウインター・キャンパー・コンセプト』を発表した。

e-NV200ウインター・キャンパー・コンセプトは、環境への影響を最小限に抑えながら、EVならではの走りで、冬のアウトドア活動をサポートすることを目指して開発された。コンセプトカー専用に施された改良によって、雪道での走破性能を高めるとともに、キャンプシーンでの高い利便性を実現しているという。

◆ソーラーパネルから車載バッテリーへの充電が可能に

欧州市場限定の「ニッサン・キャンパー・テクノロジー・ラグジュアリー・キット」が架装された。これにより、ルーフに設置されたソーラーパネルから、車載の220ボルトのバッテリーへの充電を可能とした。電力の自給自足による快適性と実用性を兼ね備えたキャンプを実現するという。

また、バッテリーの電力で稼働する備え付けのキッチンや冷蔵庫も装備した。折りたたみ式のベッドや断熱ガラスも、環境を問わず、アウトドアライフを快適にするための装備となる。

さらに、専用チューニングによって、悪路条件下での走行性能も追求した。プレミアムオフロードタイヤと引き上げられた地上高は、泥や雪の中でも最適なトラクションと走破性を確保する。フロントの強化スチールバーに取り付けられたツインスポットライトが、夜間の視認性を向上させた。欧州向けの日産純正アクセサリーとして、フロントとリアのマッドガード、ドアエントリーガード、サイドバー、ラバーマットも装着されている。

◆欧州仕様の航続は約300km

もともとe-NV200は、多目的商用バンの『NV200』(日本名:『NV200バネット』に相当)をベースに開発されたEVだ。現在、欧州で販売されている最新モデルは、2014年秋の発売後、初の本格改良が施されたモデルとなる。『リーフ』のノウハウを導入しながら、実用性の向上が図られた。

最新のe-NV200は航続を延長した。蓄電容量40kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載する。これにより、欧州の計測モードで最大301kmの航続を実現した。これは従来モデル比で6割以上の航続拡大となる。

新しいリチウムイオンバッテリーは、バッテリーの大きさに変更はない。商用車で重視される積載スペースや積載量は、従来通りとした。e-NV200は、独自の双方向充電機能を搭載する。これにより、e-NV200の顧客は、電気を蓄えたり、家庭向けに電力を供給したり、余剰電力を売ることができるという。

◆回生ブレーキが強めに作動する「Bモード」と「エコモード」

e-NV200ウインター・キャンパー・コンセプトにも、最新の日産の電動パワートレイン技術を採用している。パワーユニットは、最適化された出力と航続を可能にするとともに、クイックな加速と力強いトルクを実現しているという。

また、「Bモード」と「エコモード」が切り替えられる。それぞれ回生ブレーキを強めることで、より効率よくエネルギーをマネージメントするという。

欧州日産のであるドミトリー・ブスルキン小型商用車事業部長は、「電動車両は、環境への影響を意識しながらも、ワクワクするような運転体験を提供できる。アウトドアのエッセンスと電気自動車ならではのパワーを備えたコンセプトバンのe-NV200ウインター・キャンパー・コンセプトは、ゼロエミッションモビリティの明るい未来を表現している」と語っている。
  • 日産 e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
  • 日産 e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
  • 日産 e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
  • 日産 e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
  • 日産 e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
  • 日産 e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
  • 日産 e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
  • 日産 e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
  • 日産 e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
  • 日産 e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
  • 日産 e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
  • 日産 e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
  • 日産 e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road