北大学と愛知製鋼、次世代電動アクスル用の素材・製品研究で連携

  • 東北大学と愛知製鋼が連携協定
東北大学と愛知製鋼は10月1日、次世代モビリティ時代を見据えた「愛知製鋼×東北大学 次世代電動アクスル用素材・プロセス共創研究所」を設立したと発表した。

両者は共同研究や新たな企画立案などの産学連携活動の質を高め、「組織」対「組織」の強固で幅広な連携を展開することを目的に「組織的連携協定」を同日に締結した。研究所の新設は協定の枠組みの一環。共創研究所は東北大学に2021年4月に創設された「共創研究所」制度の第1号となる。

協奏研究所は「次世代eアクスル用素材、プロセス共創研究所」で、次世代電動アクスル時代を見据えた研究開発活動を推進する。革新的な素材・部品・製品の開発や事業化を目指した基礎研究を行う。製品開発、量産化技術開発のため、運営支援責任者及び参画教員との共同研究開発に向けたテーマの企画・計画立案、共同研究開発の管理その他の必要な活動を行う。
  • 東北大学と愛知製鋼が連携協定

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road