次世代モビリティで地域課題を解決したい…大分県で実証実験へ

  • 地域サービス
オートバックスセブンは10月6日、大分県で次世代モビリティプラットフォームを活用して高齢者の移動手段の確保や観光地の交通渋滞改善など、移動に関するさまざまな地域課題の解決を図る実証実験を実施すると発表した。

同社は大分県が推進している次世代モビリティサービス導入推進事業を受託し、実証実験を実施する。

具体的には竹田市で「IoTプッシュボタン」を使ったオンデマンドモビリティの仕組みと地域高齢者の見守りサービスを組み合わせ、過疎地・山間部の高齢化の課題を多方面から解消できないかを検証する。日程:2021年11月、2022年1月。

由布市では、観光地内へのクルマの進入制限の仕組み(パーク&ライド)と多様な移動手段を提供し、快適で利便性の高いモビリティサービスの提供の可能性を検証する。日程:2022年1月。

また、日本文理大学から大在駅近辺で既存の公共交通機関と連携したシェアリングパーソナルモビリティ(IoT自転車、電動キックボード)による移動手段の多様性と効果を検証する。日程:2021年12月。
  • 地域サービス
  • 観光サービス
  • シェアリングサービス

[提供元:レスポンス]レスポンス