高速道路の事故渋滞を予測、到着予想時刻の精度向上 カーナビタイムなどで新機能

  • 事故による渋滞を予測して、避けたルートの表示が可能
ナビタイムジャパンは11月17日、カーナビアプリ「カーナビタイム」、「NAVITIMEドライブサポーター」、「トラックカーナビ」等にて、全国の高速道路を対象に、事故による車線規制で発生する渋滞を予測可能とする新機能の提供を有料会員向けに開始した。

新機能はVICSから配信された過去の事故渋滞情報から、事故発生後、発生箇所からどこまで渋滞が広がるのか、いつ渋滞が解消されるのかを分析・算出。同社の持つ過去の事故渋滞時のプローブ交通情報と組み合わせて、道路ごとに渋滞解消時間・走行速度などを予測する。

これにより、高速道路上で事故による車線規制が発生した場合に、車線規制による渋滞を予測し、より精度の高い到着予想時刻を案内できるようになった。到着予想時刻の精度向上とともに、事故発生直後で渋滞が続きそうな予測の場合はその区間を避けたルートや、走行中であればリルートなど、代替ルートの提案も行う。

新機能は有料会員向け。「NAVITIME」「カーナビタイム」「NAVITIMEドライブサポーター」「トラックカーナビ」「バスカーナビ」「ツーリングサポーター」、法人向け「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」「NAVITIME API」「NAVITIME SDK」「NAVITIME WebNAVI」、また、KDDIと協業で提供中の「auナビウォーク」「auカーナビ」「au助手席ナビ」、KDDIの「auスマートパス」の「NAVITIMEドライブサポーター」Plusコース、NTTドコモの「スゴ得コンテンツ」の「NAVITIMEドライブサポーター」など、車ルートを検索できるサービスにて対応する。


  • 事故による渋滞を予測して、避けたルートの表示が可能

[提供元:レスポンス]レスポンス