ルノーが燃料電池プロトタイプ2車種を発表、航続は300km…2022年欧州発売へ

  • ルノー・マスター・シティバス H2-TECH のプロトタイプ
ルノーグループ(Renault Group)は11月16日、フランス・リヨンで開幕した「Solutrans trade fair」において、新型燃料電池プロトタイプ車を2モデル、ワールドプレミアした。

◆ルノーグループの新合弁「HYVIA」が開発

ルノーグループは新型商用燃料電池車を、2021年6月に設立された新たな合弁会社の「HYVIA」で開発し、2022年から欧州市場で販売する計画だ。HYVIAはルノーグループと、水素燃料電池技術を手がけるプラグパワー社が折半出資で設立した。

車名のHYVIAは、水素の「HY」に道路の「VIA」を組み合わせたもの。HYVIAは、水素移動ソリューションにより、カーボンフリーの新しい移動手段を提示することを目指している。

HYVIAはフランスを拠点とし、ヨーロッパ市場向けに、燃料電池システムを搭載した小型商用車、水素燃料補給ステーション、水素の供給、保守のためのサービスなどを幅広く顧客に提供していく。

◆燃料電池プロトタイプ車はシャシーキャブとバスの2モデル

新型商用燃料電池車は、2021年内にルノーグループのフランス・バチイイ工場で組み立てを開始し、2022年から欧州市場で販売される予定だ。水素充填と充電ステーションの整備も行う。

ルノーグループの新型商用燃料電池車は、3車種が開発されている。このうち、今回プロトタイプとしてワールドプレミアされたのが、『マスターシャシーキャブH2-TECH』と『マスターシティバスH2-TECH』の2モデルだ。マスターシャシーキャブH2-TECHは、航続250km、19立法mの貨物スペースを備えた大型バン。マスターシティバスH2-TECHは、最大15人の乗客を輸送できる都市型ミニバス。航続は300kmで、企業、地方自治体、地方公共サービスに最適という。

新型商用燃料電池車3車種は、電気エネルギーと水素ベースのエネルギーの両方を動力源とするデュアルパワーアーキテクチャをベースに開発された。3車種の中で、最も航続の長い『マスターバンH2-TECH』の場合、航続500kmの内訳は、電力からが100km、水素からが400kmとなる。新型商用燃料電池車は仕様によるが、蓄電容量33kWhのバッテリー、30kWの燃料電池、3~7kgの水素タンクを搭載する。今回、プロトタイプが発表されたマスターシャシーキャブH2-TECHの場合、1.5kgの水素タンクを2本、合計3kg分を装備した。マスターシティバスH2-TECHには、1.5kgの水素タンクを3本、合計4.5kg分を搭載している。

◆水素燃料補給ステーションは5分で水素を充填

車両への電動パワートレインと水素燃料電池システムの搭載は、グレ・ザルマンヴィリエに拠点を置くルノーグループの子会社、PVIによって行われる。電気モーターはクレオン工場で生産され、燃料電池の組み立ては2021年末までにフラン工場で開始される予定だ。水素タンクはフォルシアから供給を受ける。

ルノーグループは、HYVIAの水素燃料補給ステーションも開発している。この水素燃料補給ステーションは、購入、リース、レンタルが可能。すべての安全基準を満たしている。また、内燃エンジン搭載車両と同様の利便性が追求されており、水素充填時間は最短で5分で完了するという。

水素燃料補給ステーションの操作は、簡単に行えるようにした。水素は、水の電気分解を利用して現場で生成されるか、ガス管トレーラーを使用して供給される。システムは水素を圧縮して貯蔵し、必要に応じて車両に充填する、としている。

  • ルノー・マスター・シティバス H2-TECH のプロトタイプ
  • ルノー・マスター・シャシーキャブ H2-TECH のプロトタイプ
  • ルノー・マスター・シティバス H2-TECH のプロトタイプ
  • ルノー・マスター・シティバス H2-TECH のプロトタイプ
  • ルノー・マスター・シティバス H2-TECH のプロトタイプ
  • ルノー・マスター・シティバス H2-TECH のプロトタイプ
  • ルノー・マスター・シャシーキャブ H2-TECH のプロトタイプ
  • ルノー・マスター・シティバス H2-TECH のプロトタイプ
  • ルノー・マスター・シティバス H2-TECH のプロトタイプ
  • ルノー・マスター・シティバス H2-TECH のプロトタイプ
  • ルノー・マスター・シティバス H2-TECH のプロトタイプ

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road