走行中のEVに非接触給電、都市エネルギーを管理…技術開発へ 関西電力など

  • 走行中のEVに給電するイメージ
関西電力とダイヘン、大林組は11月19日、走行中の電気自動車(EV)に非接触給電する技術を開発すると発表した。

プロジェクトでは、非接触で給電可能なEVの走行中給電システムと都市全体へのエネルギーマネジメントシステム(EMS)の技術開発に取り組む。走行しながらの給電を可能とする。これによってEVの走行距離延長と充電の利便性の向上を目指すとともに、常にEVと電力系統を接続することで、昼間に余剰となる再生可能エネルギーによる電気の有効活用を目指す。

研究開発では各大学とも連携するほか、日本自動車工業会も協力する。

今後、EV走行中給電システムとEMSの技術を開発に取り組み、ダイヘンの大分にある試験場でEMSからの給電制御試験や電磁波の安全性、給電システムの道路埋設に関する課題を抽出する。

技術開発の成果は大阪・関西万博での実装を目指す。

レスポンス読者の声求む!「タイヤアワード」投票受付開始

[提供元:レスポンス]レスポンス