高速道路の施設管理に5G活用---駐車場混雑状況の把握やごみの自走回収

  • 無人航空機(以下「UAV」)による駐車場の混雑状況把握の実験(左)とSAPAのごみ自走回収の技術検討
NEXCO西日本とKDDI総合研究所は、新名神高速道路・宝塚北サービスエリア(SA)で、第5世代移動通信システム(5G)を活用した高速道路施設管理の高度化、効率化する実証実験を12月から開始すると発表した。

サービスエリア、パーキングエリアの駐車場の混雑情報は、SAPA内に設置された複数のカメラを用いて混雑状況を把握している。実証実験では、ドローンに搭載したカメラの高精細映像を、5Gの高速・大容量を活用して情報伝達することで、正確な混雑状況を早期に把握し、利用者に情報提供する。

また、現在、サービスエリア、パーキングエリアに設置されているごみ箱は、クリーンスタッフが定期的に確認し、集まったごみをごみ仮置き場へ回収している。クリーンスタッフの業務省力化や、美しい施設でサービスを提供するため、5Gの大容量・低遅延の特徴を活かした自走ロボットなど、ごみ収集を効率化するシステムの技術を検討する。

両社は今後、5Gを活用して、これ以外にも様々な可能性について技術検討や実証実験を実施していく予定。

  • 無人航空機(以下「UAV」)による駐車場の混雑状況把握の実験(左)とSAPAのごみ自走回収の技術検討

[提供元:レスポンス]レスポンス