ボルボカーズ、仮想ヘッドアップディスプレイ開発へ…光学と画像技術企業に出資

  • ボルボカーズが出資したスペクトラリクス社の薄膜光学フィルムが可能にする仮想ヘッドアップディスプレイ
ボルボカーズ(Volvo Cars)は11月23日、同社のベンチャーキャピタル投資部門のボルボカーズ・テックファンドを通じて、光学と画像技術のスタートアップ企業のスペクトラリクス社に出資した、と発表した。

この出資により、ボルボカーズは、自動車の安全性向上と車内での革新的なユーザー体験に貢献する可能性のある開発初期段階の有望な技術に、アクセスすることができるという。

イスラエルを拠点とするスペクトラリクス社は、航空宇宙技術の開発を背景に、素材やハードウェア、ソフトウェアを組み合わせた画像処理・光学インフラを開発し、さまざまな光学機能を可能にしている。

同社のコアソリューションのひとつが、多層薄膜コンバイナー(MLTC)で、あらゆる形状やサイズのシースルー表面に適用できる新しいタイプの薄膜光学フィルムだ。この技術は、自動車のフロントガラスや他の窓に組み込むことで、ガラス上に画像を重ねて表示することができる。とくにフロントガラスに組み込むことで、広視野のヘッドアップディスプレイとなり、現実の環境に仮想の物体を重ね合わせることで距離感を感じさせ、安全で違和感のない体験を提供することが可能になるという。

この技術の他の用途としては、さまざまなアプリケーションのための高度なフィルター、キャビン内のセンシング、ブラインドプルーフの正面カメラ、デジタルホログラフィック・プロジェクションなどが考えられる、としている。

  • ボルボカーズが出資したスペクトラリクス社の薄膜光学フィルムが可能にする仮想ヘッドアップディスプレイ

[提供元:レスポンス]レスポンス