カレコ、『ヤリスクロス ハイブリッド』を順次導入 6時間4080円より

  • トヨタ ヤリスクロス(ハイブリッドZ)
カレコ・カーシェアリングクラブは、トヨタヤリスクロス ハイブリッド』の導入を開始した。

カレコの名称には「car+eco(economy・ecology)、経済的で環境にやさしい新しいクルマ利用」という想いを込めており、2009年のサービス開始以降、環境に配慮し、FCV・EV・ハイブリッド車両を順次導入。今回、環境配慮型車種のさらなる拡充に向けて、ヤリスクロス ハイブリッドを車種ラインアップに追加する。

ヤリス クロスは、2020年2月発売の『ヤリス』をベースとした小型クロスオーバーSUV。ハイブリッドモデルは1.5リットルガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせ、31.3km/リットル(JC08モード)の低燃費を実現している。

ヤリスクロス ハイブリッドはリパーク成城7丁目(東京都世田谷区)とリパーク西ケ原1丁目第2(東京都北区)にすでに導入。12月7日よりリパーク世田谷新町2丁目(東京都世田谷区)に、12月9日よりリパーク南青山3丁目第6(東京都港区)とアーバイル目白台(東京都豊島区)に導入する予定だ。

利用料金(ベーシックプラン)は、6時間パック4080円、12時間パック5700円など。


  • トヨタ ヤリスクロス(ハイブリッドZ)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road