『STI E-RAコンセプト』世界初公開へ、カーボンニュートラル時代のモータースポーツ車両…東京オートサロン2022

  • STI E-RA コンセプト
SUBARU(スバル)とスバルテクニカインターナショナル(STO)は、2022年1月14日から16日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2022」に共同で出展、カーボンニュートラル時代に向けたモータースポーツ車両のスタディモデル『STI E-RAコンセプト』を世界初公開する。

スバル/STIブースではこのほか、さらなるスポーティさと愉しさを追求し、STIパフォーマンスパーツを装着した『WRX S4 STIパフォーマンス コンセプト』『レヴォーグ パフォーマンス コンセプト』『スバル BRZ STI パフォーマンス』を展示。2021年にクラス優勝を果たしたSUPER GT参戦車『スバル BRZ GT300 2021』の実車展示も行う。

また、期間中は『WRX S4』や『BRZ』の開発陣、スバルプロドライバーによるトークセッションなどのイベントを行うほか、STIパフォーマンスパーツ・スバル/STIグッズ展示コーナーも設ける。

◆出展車両
STI E-RAコンセプト(世界初公開)
STIでは、カーボンニュートラル時代に向けて、モータースポーツの世界で新しい技術の経験と修練を積むことを目的に新プロジェクトを開始。同プロジェクトで開発を進めてきたSTI E-RAコンセプトを初公開する。

WRX S4 STIパフォーマンス コンセプト
「WRX S4 STI スポーツ Rグレード」をベースに、チェリーレッドのアンダースポイラーなどのSTIパフォーマンスパーツを装着。さらに、カーボンリヤスポイラーやパフォーマンスマフラーを特別装備し、究極の一体感を引き上げた。

レヴォーグ STI パフォーマンス コンセプト
「レヴォーグ STI スポーツ Rグレード」をベースに、チェリーレッドのアンダースポイラーなどのSTIパフォーマンスパーツやワゴンならで使い勝手を向上させるアイテムを装着。さらに、パフォーマンスマフラーを特別装備し、高いユーティリティとパフォーマンス性能を両立させた。

スバル BRZ STI パフォーマンス
「スバル BRZ Sグレード」をベースにSTIパフォーマンスパーツを装着。随所にチェリーレッド装飾を施し、運転の愉しさを表現するパーツカスタマイズモデル。

スバル BRZ GT300 2021
SUPER GT 2021 GT300クラスシリーズチャンピオンマシン。

◆期間中の主なイベント
モータースポーツ体制発表
1月14日ビジネスデイに、STI平岡社長が2022年モータースポーツ体制とSTIの今後の活動について発表する。

WRX S4 トークセッション
WRX S4の開発陣が登壇し、モータージャーナリスト河口まなぶ氏をMCに迎え、WRX S4開発秘話などをトーク形式で語る。

スバル BRZ トークセッション
スバル BRZの開発陣が登壇し、モータージャーナリスト河口まなぶ氏をMCに迎え、SUBARU BRZ開発秘話などをトーク形式で語る。

モータースポーツトークセッション
スバルプロドライバーが登壇し、モータージャーナリスト河口まなぶ氏をMCに迎え、2021シーズンの戦いをトーク形式で振り返る。

WRX S4 STI スポーツ R EX プレゼント
「クルマが当たる!! 東京オートサロン2022アンケートプレゼント」の特賞として、「WRX S4 STI スポーツ R EX」を提供する。

STIパフォーマンスパーツ・スバル/STIグッズ展示コーナー
STIパフォーマンスパーツやスバル/STIグッズを展示する。

  • STI E-RA コンセプト
  • WRX S4 STI パフォーマンス コンセプト
  • スバル/STI ブースイメージ
  • スバル BRZ GT300 2021

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road